美術雑記帳

gallyogata.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

美術館の音声ガイド

美術館の企画展に行きますと入り口で音声ガイドを貸し出しています。
私は一度も利用したことは無いのですが、多分作品の背景とか説明を
音声ガイドは親切に語っていると思います。

借りた方は説明を聞いて作品を分かった様に思っている、しかし、よく考えますと
本当に分かっているか疑問です、美術作品に説明は必要なのか、それは情報とか
記憶で作品を観ているだけです。

本来はご自身の感覚で作品を観ることで作品と対峙できます。

如何しても、音声ガイドを利用されたい方は一度ご自身の目で作品を観られまして、その後に
音声ガイドを利用されたら如何ですか、作品を観る時は情報を入れずに新鮮な感覚で
観たほうが感動も大きい。
[PR]
by 1835-g-onv | 2011-05-08 14:51

発想

発想とはご自身で発想できない場合は自然から学ぶ
自然のモノからヒントを得る。

自分でモノを観察するコト、自然と対峙してスケッチして歩く
そうすると自分の自然に対する感動が感じられる。

壁にぶっかた時は自分の経験だけでなく本を読むコトで世界を
広げる。
[PR]
by 1835-g-onv | 2011-05-08 13:40

メイ ・サートン

いのちは生きるだけじゃない

感じることです、より深く。
[PR]
by 1835-g-onv | 2011-05-08 13:15

作家

作家とは自分の能力が見えてくる、そこで諦める人と
それを克服する人が居る。

諦める人は自分の弱い部分を切り捨て、そして自分を
追い詰めるコトだ。

自身が作品で歴史を創ていく意気込みが肝心だ。

作家はどこか自信のなさを持っている人が上達する。
それは、その人の目標が高いからだ。
[PR]
by 1835-g-onv | 2011-05-08 13:11