美術雑記帳

gallyogata.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

世阿弥 花伝書

「花トテ別ニハナキモノナリ」

自然の花だってすぐ萎れてしまう程にはかないものです。

それと同じように、舞台の花のイメージをいくら頭の中にえがいても、

空中に楼閣を築くようなもので、稽古を極め、工夫をした芸の中から生まれる
ものがほんとうの花である。

稽古は物数を尽くす。

「花ハ心、種ハ態」
[PR]
by 1835-g-onv | 2013-12-12 19:25

モランディー

祟高な貧しさ。

「われわれは偉大な芸術家の記憶とは彼がその作品を通して
作品以上のモノをわれわれにのこした祟高と印象づけられるものである」マラルメより

作品は一体感があり奥行きと空間の広がりは祟高である。
[PR]
by 1835-g-onv | 2013-12-10 18:37