美術雑記帳

gallyogata.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

意識

生まれ持った才能というのは4,50歳あたりで消えていくような気がします。
芸術は感覚だ、という言葉もあります。しかし、絵は感覚でもありません。
知性というものでもない。
感覚で描けるなら20代の人には敵わない。
若い絵描きさんたちの中には色の感覚のいい人やデッサン力のある人、あるいは、
ものの見方が斬新な人、そういう優れた人が大勢います。
ただ、絵が難しいのは、自分の才能を意識した日から、
その人は消えていくような気かすることです。
意識すると、それを頼りに絵を描いていくので、いつの間にかつまらなくなってしまうのです。
むしろ、もともと持っている部分とは別のものを鍛えた方がいいのではいでしょうか。

髙山辰雄より
[PR]
by 1835-g-onv | 2014-12-10 17:55

知,情、意

こころは普通、習慣,欲情、本能等に束縛されているが普段はその自覚がない。
普通は当たり前に思い麻痺している。

仏教では知、情、意を総称して智と云う。
情緒を清く、豊かに深くしてゆくのが人の本文である。
[PR]
by 1835-g-onv | 2014-12-08 19:23