美術雑記帳

gallyogata.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

オークション会社 サザビーズ

サザビーズは270年の歴史 世界40ヶ国 売上高7千600億円。
クリスティーズとサザビーズは世界的なアート作品の競売のおよそ8割を支配している。
競売はアーティストの評価に直接、関わってくる、たとえば、NYとロンドンで
春と秋に行われる大規模な競売で、あるアーティストのがそれまでの記録を破り、その年の落札額の上位100人に入れば、その作家は成功したとみなされる。

英国のサザビーズは貴族出身の社員が少なくない。

世界には今すぐ50億円を使える人が数百人いると言われている。
サザビーズには50億ー100億の美術品を購入できる人のリストがある。

価格は美術史の中での評価と需給バランスで決まり、評価される偉大な作家の条件技量、独創性、その作家を抜きに後世の美術史を語れるか、どうか。
その作家が美術史に残るか作家となるか、どうかの分かれ目である。
[PR]
by 1835-g-onv | 2016-06-16 18:15