美術雑記帳

gallyogata.exblog.jp
ブログトップ

オークション会社 サザビーズ

サザビーズは270年の歴史 世界40ヶ国 売上高7千600億円。
クリスティーズとサザビーズは世界的なアート作品の競売のおよそ8割を支配している。
競売はアーティストの評価に直接、関わってくる、たとえば、NYとロンドンで
春と秋に行われる大規模な競売で、あるアーティストのがそれまでの記録を破り、その年の落札額の上位100人に入れば、その作家は成功したとみなされる。

英国のサザビーズは貴族出身の社員が少なくない。

世界には今すぐ50億円を使える人が数百人いると言われている。
サザビーズには50億ー100億の美術品を購入できる人のリストがある。

価格は美術史の中での評価と需給バランスで決まり、評価される偉大な作家の条件技量、独創性、その作家を抜きに後世の美術史を語れるか、どうか。
その作家が美術史に残るか作家となるか、どうかの分かれ目である。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2016-06-16 18:15

ギャラリスト

ギャラリストは売れるとか売れないとか関係なく、新たな作家のやる気とか覚悟とか才能見極めて、その能力をよりよく引きでして作品制作してもらいコレクターとかクライアントに販売する。
作家発掘をして自分のギャラリーで継続して企画展をする。
無名の時から扱う。

企画力、整理力、提案力、と言う3つのフェーズを構成してさまざまな要素を考え構築して成り立つ仕事です。
出来ましたら世界に発信して売り込んでいくコト。

画商はすでに出来上がった著名な作家(価値の定まった)作家をクライアントに紹介したり、またクライアントの欲しがる作品を探して販売する。
仲介者
[PR]
# by 1835-g-onv | 2016-05-07 18:18

情緒

すみれの花を見るとき、あれはすみれの花だと見るのは理性的、知的な見方です。

むらさき色だと見るのは、理性の世界での感覚的な見方です。

それは、じっさいにあると見るのは実存感として見る見方です。

これに対して、すみれの花はいいなあと見るのが情緒です。

これが情緒と見る見方です。

情緒は広く知、情、意及び感覚の各分野にわたって分布している。

こころの眼が開いていないと、もののあるなしはわかるが、ものの
よさはわからない。
たとえば秋の日射しの深々とした趣はけっしてわからない。

岡潔より
[PR]
# by 1835-g-onv | 2016-04-20 15:26

おもしろい人生とは

苦しい人生に挑み 闘い耐えること

逆境にあればあるほどおもしろい人生なんだ。

岡本太郎より

作品は何年もこころで熟成していると、ある時に神が降りてきて
完成度の高い作品ができる。
身体とこころで表現できた作品は感動がある。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2016-03-03 15:32

新鮮に保つ

作家はいかに作品を新鮮に保つかが難しい問題だ。

しかし、長年作家活動をしているとどうしても

いい作品ができたと思っても何所かいい時期の模倣になっている
場会が多い。
それだけに、一人の人間が考えて生み出すイーメジは限りがあるようです。

ピカソは10回は自分のスタイルを壊した天才画家である。

青の時代、ばら色の時代、アフリカ彫刻の時代、セザンヌ的キュビスムの時代
分析的キュビスムの時代、総合的キュビスムの時代、新古典主義の時代
シュルレアリスムの時代、ゲルニカの時代、晩年の時代。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2016-01-09 17:23