美術雑記帳

gallyogata.exblog.jp
ブログトップ

空間

空間には西洋的な空間、東洋的空間 。

物理的空間、 精神的な空間。

心の空間、感覚的な空間、場の空間。

素材が持っている空間、時間的空間。

空間とは文字を読んで無機的な空間と思っている
人が多いが、色彩そのモノの美しさを見せる、
色の空間がとても大事である。

大きな画面に白一色で鳥を描く、それだけで空間を出せるか、
全体としての釣り合い(バランス)調和。

面に墨を置いた出けで空間を出せるか、
置いた時に絵からの空間。

大事なのは感じるか、どうか
[PR]
# by 1835-g-onv | 2010-08-05 20:07

普遍的価値

日本人が生みでした普遍的価値で最大のものは「もののあわれ」
とか自然への畏怖心、跪い心、懐かしさ、自然への審美的な感受性
と言った美しい情緒。

日本的な空間とは精神的な空間で色が色でなくなった時に変わる。

拘りが新しいモノを生む。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2010-07-22 19:49

創造力

作家は創造力を養い育てるには、大きな家とかお金とかに囚われたら
創造力は止まる。
新しいモノを吸収するには動くコトです、新しい出会い、本を読む。
才能も努力です。努力しなければ磨かれない。
止まってはダメ。

心の動き。

わたなべゆう氏 自然の中から感じたモノをイーメジして自由に展開する、
それが植物だったり、人間だったり,洋ナシだったり、作品を観る側が自由
に感じる。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2010-07-22 19:29

精神性

精神性とは人間性その人の世界。

人間性が良くなれば、深くなれば絵画もよくなる。
若い頃は下手でもいい、遣ることを確り遣っている。
自分の考えたコトをそれが大事。
その人の考えたコトを素直にストレイトに出していくといい。
それが年齢と共に作品が深まっていけばいい事。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2010-07-22 18:47

個性

よく作品に個性がないと言うが、その作家の感じている
気持ちが表現できているか、その作家の気持ちが表現
できている作品が個性である。
(気持ちとは人間性みたいなもの)。

自分に無いモノを外から持ってくるから行き詰る。
自分のモノを出す事。

線の形とは自分なりの形でモチーフの線の形ではない。
モノの見かた感じかたが自分の線にならなくてはイケない。

色んな面白い形をしてもその人の線とか固まりとか色とか質感が
出るモノだ。
つまり、精神性、自分のモノになっている、自分の匂いになっている
コトが大切でその人の人柄とかイーメジが作品になる。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2010-07-22 18:36