美術雑記帳

gallyogata.exblog.jp
ブログトップ

作品購入

日本人はある程度、評価され認知された作家でないと
その作家の作品は購入されない。
徐々に変わりつつありますが
自分の眼で作品を購入される人は少ない。
やはり、島国で単一民族なので保守的なのが根底にあるようだ。

海外はその点は作品を気にいれば購入される。
自分の眼で買う。
個人主義で大陸的な違いかも知れない。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2015-11-26 10:16

美術は何が変わったのか

美術市場が変わったのである。
アートがグローバル化したのである。
例えば東京と上海は異なる時間軸で発展をしています。
東京が近代化するのに100年かかったところを、上海は10年とかからない。
アートも同じことが起きています。
数年前まではアジアのアーティストが有名になるには欧米に行かなければならなかったが、
今はアートフェアはアジアのいたるところで開催されています。
アジアのアーティストを同国人がコレクションしています。
ネットは凄い速さでさまざまなモノを変えている。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2015-11-07 18:47

アジア・フクオカ・ホテルアートフェア

ホテルアートフェアを終えて

大盛況でした。
ギャラリーサイドは新しいお客様との出会いとかギャラリー同士の横の繋、
また、作家の繋がりとかアートフェアはさまざまな現代アート作品を
見られて大変興味深く。刺激的で新鮮な感動がありました。
各ギャラリーの部屋は個性的な展示と作品。作品展示のしかたでとても雰囲気が変わるホテルの空間、空間は臨場感あり、それぞれの、ギャラリーの
展示見せ方が大変面白い。センスが問われます。

次から次と途切れる事のないお客様は外国人、若い人、親子連れ、往年の美術
ファン新鮮な出会いでした。
見る側はさまざまな現代アート作品を一堂見られて新鮮な驚きとか感動が
伝わってきます。
何よりもお客様が楽しんでいるのが分かります。
新鮮な感動、新たな出会い、テンションが高くなる、やっていて楽しい
のが今回のホテルアートフェアでした。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2015-09-15 11:05

人類700万年の歴史

言葉の発見、火の使用とありますが「これをやらなかったら我々は
いないだろう」という、一番大きな業績は食べ物を共有すること
共同保育をすること、あらゆる生活が「ともにある」という心に
よって作られていること、これが人間としての出発点

複数の家族が集まって共同生活をしないと家族というのは存立できない。
近隣関係は動物社会にはない。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2015-09-02 16:27

よかった

一般的になになに展はよかったと言いますが
よかったと云うのはその人にとってよかったのであり
他の人にとっては必ずしもよかったとは言えない。

もちろん食の味覚も同じです。
感覚は幅とズレがあります。
よかったと云うのはあてにならないと言うコトです。
[PR]
# by 1835-g-onv | 2015-07-14 11:06